ホテルコパン
DSZD08158
COLOR
本編135分
片面2層
1.主音声:ステレオ
16:9 LB(シネスコ)
4,700円
ご購入はこちら
劇映画
セル専用商品
過疎地HOTEL×わけありの10人
それぞれの壮絶な人生の山場がぶつかり合う!!
解説 これまで短編映画で数々の賞を受賞し、2016年6月公開のファンキー加藤主演『サブイボマスク』も話題、台湾との合作作品も控えている門馬直人監督による渾身の長編デビュー作。
主演は映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演デビュー以降『偶然にも最悪な少年』、『チェケラッチョ!!』など多くの映画で主演を務める市原隼人。今作では暗い過去を持つ元中学校教師・海人祐介役を演じ、これまでの“熱い男”のイメージを覆す新境地を見せる。共演には、海人を執拗に追い詰める女に清水美沙。かつての活気を取り戻そうと躍起になるホテルオーナーに近藤芳正らのベテランから、『仮面ライダーゴースト』のヒロイン役で注目の大沢ひかる、前田公輝や玄理ら若手まで、個性豊かな俳優たちが集まった。
脚本は一雫ライオン。short shorts Film Festival&Asia2013で賞を受賞した『ハヌル -SKY-』、『サブイボマスク』でもタッグを組んだ門馬監督との記念すべき長編1作目となる。
オリジナリティあふれる多様なキャラクター、全員が絶望へと向かっていくストーリー、グランドホテル形式で展開されるこの群像劇の結末には、あなたの想像を超えるクライマックスが待っている。エンドロールを迎えたとき、あなたに押し迫る感情は、希望か?絶望か?
ストーリー 東京で教師をしていた海人祐介(市原隼人)は2年前から、長野県白馬村にあるホテルコパンで働いていた。
ある日、ホテルに訪れたひとりの女性客の顔を見て、海人は顔をこわばらせ過呼吸に陥る。
その女性・千里(清水美沙)は中学校教師時代に海人が担任した生徒・守(狩野見恭兵)の母親だった。守は学校でいじめを受け、自殺をしてしまったのだ。海人は逃げるように東京を離れたことを陰湿に責め立てられ、突如、苦悩の日々に引きずり戻されるのであった。
一方、他の滞在客もそれぞれ問題を抱えていた。カップルの美紀(大沢ひかる)と班目(前田公輝)、多額の負債を抱えている宗教団体の教祖・段来示(栗原英雄)と資産家令嬢・ひかる(水田芙美子)、昔は脚光を浴びていた老女優・舟木(李麗仙)とマネージャーの澤井(大谷幸広)。ホテルオーナーの桜木(近藤芳正)もまた、離婚した妻・美智代(遠山景織子)と娘・歩(山田望叶)と偶然再会してしまう。
信じていたものを失い、人生の山場を迎える人々。その先に待ち受けるゴール、それぞれの見る未来とは…。
2016年2月公開
PG12 ※小学生には助言・指導が必要
スタッフ 監督・編集:門馬直人
脚本:一雫ライオン
©2015 and pictures inc.
キャスト 市原隼人
近藤芳正 大沢ひかる 前田公輝 水田芙美子 栗原英雄 玄理 大谷幸広 李麗仙 清水美沙
特典
映像特典
映像特典
ホテルコパン 初日舞台挨拶
予告編    
※商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
| 2016年8月3日リリース |