東映ビデオ株式会社

FacebookTwitter

FacebookTwitter

『DRAGON BALL THE MOVIES Blu‐ray ♯03』 ジャケットにおける反転画像使用のお詫びと対応について

DVD『小野下野のどこでもクエストVOL.3 北海道 道東編(前編)アニメイト限定版』ジャケットにおける本編収録分数の誤表記のお詫びとお知らせ

キャプテン翼 THE MOVIE VOL.1 ジャケット画像

キャプテン翼 THE MOVIE VOL.1

DVD セル レンタル

DSZS07038/ 4500円+税/ COLOR/ 102分/ 片面2層/ 1.主音声:モノラル/ 4:3/ 2話収録
発売元:メディアネットピクチャーズ

[収録話]

ご購入はこちら

作品紹介

INTRODUCTION・STORY

キャプテン翼 劇場版4作品完全DVD化決定!【解説】 「週刊少年ジャンプ」に連載され、日本の今のサッカー人気の原点となった人気コミック「キャプテン翼」。「ボールは友達」として、常にサッカーと共に育ってきた主人公・大空翼。様々なライバルたちと歴史に残る名勝負を繰り広げ成長していく。その必殺技の数々は子供たちがこぞって真似をするなど、日本にかつてないサッカーブームを巻き起こし、現在の日本サッカーの発展に大きく貢献したまさにサッカー漫画の金字塔!!「キャプ翼」の影響でサッカーを始めたというプロ選手が数多くいると言われ、連載当時はジャンプ読者のメインターゲットである少年だけでなく、女性ファン層がいわゆるキャラクター人気を支え、ブームに更なる拍車をかけた。その後「週刊ヤングジャンプ」に連載を移し、現在は【キャプテン翼 GOLDEN-23】が連載中。いまや7,000万部突破のモンスター漫画である。TVアニメも1983年に放送を開始、最高視聴率21.2%という記録をマークし、1986年まで全128話が放送された。その後もOVAなど続編も制作され、2001年には完全新作としてTVアニメ化された。劇場版4作品は、いずれも【南葛SC】から【南葛中】までの時期を舞台としつつ、翼たち全日本選抜チームが外国チームと対決するオリジナルストーリー。『ヨーロッパ大決戦』では、シュナイダーやピエールが原作に先だって登場。さらに『世界大決戦Jr.ワールドカップ』では原作者が物語を書き下ろした南米選抜が登場するなど、劇場版ならではの仕掛けが用意されていた。 【収録作品】 「キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦」 (1985年7月公開/41分) 日向小次郎、若島津健、立花兄弟といった、大空翼のライバルたちが全日本少年選抜としてチームを組み、初めての海外遠征。対戦チームは、ヨーロッパ選抜。先制点をあげるものの、個人技に偏った全日本は、皇帝と呼ばれるシュナイダーを中心にまとまったヨーロッパ選抜に苦戦。あきらめムードが漂った後半、翼の「ボールはどこでも同じ」という言葉をきっかけに、全日本は翼&岬のゴールデンコンビ+日向&沢田+松山&小田のトリプルコンビを中心に反撃にうつる。 「キャプテン翼 危うし!全日本Jr.」 (1985年12月公開/60分) 前回不覚の敗戦を喫したヨーロッパ選抜が雪辱を期して日本にやってきた。だがむかえうつ全日本選抜は、岬が行方不明、三杉は心臓病で出場時間が限られ、日向は飛騨山中奥深く入り込み、若林は資格問題で出場が認められず、大半の主力選手を欠いた状態だった。さらに試合中も、シュナイダーの強力なシュートで、GK若島津、森崎が連続負傷。絶体絶命のピンチの中、新技イーグルショットを携え日向がフィールドに帰ってきた! 【発売元】メディアネット ピクチャーズ

CAST

(声)小粥よう子、山田栄子、橋本晃一、丸山裕子、鈴置洋孝、飛田展雄、坂本千夏

STAFF

■原作:高橋陽一(集英社刊)

■原案:

■監督:

■演出:

■脚本:

■スタッフ:原作:高橋陽一(集英社刊) 「キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦」脚本:菅 良幸 監督:岡本達也 「キャプテン翼 危うし!全日本Jr.」脚本:菅 良幸 監督:矢沢則夫


高橋陽一/集英社・エノキフィルム・テレビ東京

特典

初回特典

封入特典

その他特典

音声特典

映像特典

ボーナスディスク

初回特典

封入特典

・ポストカード(劇場版デザイン)

その他特典

音声特典

映像特典

・「ヨーロッパ大決戦」予告編

ボーナスディスク

※商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。