東映ビデオ株式会社

FacebookTwitter

FacebookTwitter

『DRAGON BALL THE MOVIES Blu‐ray ♯06』 ジャケット誤記載に関するお詫びと対応について

『DRAGON BALL THE MOVIES Blu‐ray ♯03』 ジャケットにおける反転画像使用のお詫びと対応について

DVD『小野下野のどこでもクエストVOL.3 北海道 道東編(前編)アニメイト限定版』ジャケットにおける本編収録分数の誤表記のお詫びとお知らせ

[Blu-ray]
[DVD]

ドラゴンボールZ 神と神 スペシャル・エディション

発売中

Blu-ray

BSTD03790/4,800円/COLOR/本編105分/1層/リニアPCM(ステレオ)/16:9【1080p Hi-Def】

ご購入はこちら

DVD

DSTD03790/3,800円/COLOR/本編105分/片面2層/1.主音声:ステレオ/16:9 LB

ご購入はこちら

INTRODUCTION
1984年、週刊「少年ジャンプ」での連載スタートから10年以上トップを走り続けた説明不要の伝説的コミック「ドラゴンボール」。魅力的なキャラクターや派手なバトルアクションで一時代を築き上げたその人気は連載終了から17年が経った今でも衰える事を知らず、リアルタイム世代ではないファンも多い。さらに、海外でも驚異的な人気を誇り、単行本・完全版の売上げは全世界で2億3千万部を超え、世代・世界の壁を軽々と飛び越えて人々を熱狂させ続けている。その「ドラゴンボール」が完全オリジナルストーリーとして映画となって帰ってきた。
この歴史的プロジェクトに、原作者の鳥山明が“原作・ストーリー・キャラクターデザイン”として名を連ねる。描かれるのは、魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後の物語。全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!フリーザを倒したというサイヤ人の噂を聞きつけて、悟空の元へやって来るビルス。久々に現れた強敵を前にワクワクする悟空は、ビルスに戦いを挑むが、その圧倒的なパワーを前に手も足も出ずに敗れてしまう。果たして悟空たちは破壊の神を止めることができるのか!?べジータ、悟飯らおなじみのZ戦士たちのバトルが見られるのはもちろん、なつかしの“あの”キャラクターが登場するなど、鳥山ワールド満載のオールスターキャストで描かれる“本物”の「ドラゴンボール」劇場版。
本作品はその劇場版をさらにパワーアップ。冒頭の“ブルマとの出会いからブウ編までのナレーション付きダイジェスト映像”をはじめ、「神と神」に計55以上のカット(約20分)を追加!より楽しく、より分かりやすく、より深く「神と神」を楽しめる「スペシャル・エディション」として登場!

※本作品は2014年3月22日にフジテレビ土曜プレミアムにて「ドラゴンボールZ 神と神 特別版」として放映されたものを収録したものです。
STORY
フリーザ、セル、魔人ブウ。すべてを超越する存在がいた―。
宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後―平和な地球に再び危機が訪れようとしていた…「この世には星や生命を生み出す神がいれば、破壊する神もいる…」全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!気に障ることがあると破壊の限りを尽くすというビルスの目覚めに、界王はおろか、界王神までもが恐怖を抱いていた。フリーザを倒したサイヤ人の噂を聞きつけて、界王星にいる悟空の元へやってきたビルスとウイス。久々に現れた強敵を前にワクワクする悟空は、界王の忠告を無視してビルスに戦いを挑むが、その圧倒的なパワーを前に手も足も出ずに敗れてしまった!「地球にはもっと破壊しがいのあるヤツがいるといい…」不気味な言葉を残してビルスはその場を去っていった。ベジータ、悟飯ら地球の戦士たちにも忍び寄るビルスの脅威…はたして悟空たちはビルスの破壊を止めることができるのか!?そして、ビルスが探し求める「伝説の戦士」とは一体…?今、闘いの歴史が変わる―。
[2014年3月放映]
CAST
野沢雅子、山寺宏一、森田成一、佐藤正治、鶴ひろみ、田中真弓、堀川りょう、古川登志夫
古谷徹、緑川光、草尾毅、八奈見乗児
STAFF
原作・ストーリー・キャラクターデザイン:鳥山明
脚本:渡辺雄介
監督:細田雅弘
音楽:住友紀人
作画監督:山室直儀
美術監督:加藤浩
色彩設定:堀田哲平
特殊効果:太田直
CGディレクター:宮原直樹
製作担当:藤岡和実
©バードスタジオ/集英社 ©「2013ドラゴンボールZ」製作委員会
初回特典

■特製スリーブ
■映画最新作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』オリジナルポストカード

※特製スリーブ、ポストカードは限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。

このページのトップに戻る