東映ビデオ株式会社

FacebookTwitter

FacebookTwitter

「TAP-THE LAST SHOW- 」 発売延期のお詫びと新しい発売日のお知らせ

シマウマ

2016年11月9日(水)発売

DVD

DSTD03949/4,700円/COLOR/本編103分/片面2層/1.主音声:ドルビー5.1ch/16:9 LB

ご購入はこちら

INRODUCTION

日本映画界の限界を超えた、ヤバ過ぎる超問題作、遂に公開!
2010年よりヤングキングにて連載中で、累計発刊部数約150万部を超える人気を誇り、現代社会の暗部を強烈に切り取りながら身近に潜む闇を炙り出す“絶対に読んではいけない漫画”「シマウマ」が禁断の実写映画化!
他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる闇の復讐代行業の世界へ足を踏み入れる主人公・ドラ/倉神竜夫を演じるのは、今最も注目を集める若手俳優・竜星涼。また、「ALWAYS 三丁目の夕日」など子役時代から独特のかわいさと演技で人気を博した須賀健太が快楽殺人鬼=アカを怪演。同じく回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌに日南響子、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマに加藤雅也、その他にも、高橋メアリージュン、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二、福士誠治など、一癖も二癖もある面子が脇を固めている。
そして、監督を務めるのは、『探偵はBARにいる』『相棒』シリーズなど、数多くの話題作を手掛けている橋本一。さらに、脚本を務めるのは、『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している髙橋泉。日本映画界の限界を超えて、観る者の倫理観を揺るがす衝撃の超問題作!

STORY
全ては竜夫(竜星涼)に来た1通のメールから始まった。
メール添付の画像は原型の崩れた仲間の顔と抜き取られた一対のアバラ骨。
竜夫は身の危険を感じ、恋人である彩(高橋メアリージュン)のもとへ急ぐが、途中で襲撃に合い、昏倒してしまう。暗い倉庫で目を覚ました竜夫の前には“アカ”(須賀健太)と名乗る男がいた。その男から、自身は依頼人からの復讐を代行する闇の組織の一員であることを告げられ、アカと同じ組織の“キイヌ”(日南響子)という女からは組織を取り仕切っているのが“シマウマ”(加藤雅也)という男であることを聞かされる。クズの依頼でクズを始末するといった組織の生業に惹かれ始める竜夫のもとに“シマウマ”から電話が掛かってくる。それを受けた竜夫は“ドラ”として生きることを決意する。それから、元刑事の網川(福士誠治)をも巻き込んで、血みどろで壮絶な復讐の連鎖が始まった。そこは絶対に足を踏み入れてはいけない禁断の領域であった。
[2016年5月公開]
CAST
竜星涼
須賀健太 日南響子 高橋メアリージュン
菅原大吉 天乃舞衣子 脇知弘 松田賢二・福士誠治
加藤雅也
STAFF
原作:小幡文生「シマウマ」(少年画報社刊)
脚本:髙橋泉『凶悪』
監督:橋本一『探偵はBARにいる』シリーズ
音楽:安川午朗
製作:東映ビデオ
エンディングテーマ:珠麟「回収屋の姦-コドクノヒト-」
©2015東映ビデオ
映像特典

■メイキング
■竜星涼 スペシャルインタビュー
■須賀健太 スペシャルインタビュー
■完成披露上映会
■初日舞台挨拶
■特報・劇場予告
■POSTER VISUAL

※商品の仕様に関しましては、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

このページのトップに戻る