東映ビデオ株式会社

FacebookTwitter

FacebookTwitter

「TAP-THE LAST SHOW- 」 発売延期のお詫びと新しい発売日のお知らせ

初回生産限定

デビルマン Blu-ray COLLECTION

発売中

DVD

BSTD03854/45,000円/COLOR/本編970分/本編(blu-ray:2層6枚)+ボーナスディスク(DVD:片面1層)/リニアPCM(モノラル)/4:3【1080p Hi-Def】/全39話収録

ご購入はこちら

※初回生産限定につき、品切れの場合はご了承ください。
※本編映像は、SD素材を元にアップコンバートし最新のHD化作業を行ったものです。

[販売元] 東映株式会社 [発売元] 東映アニメーション株式会社 東映ビデオ株式会社

INRODUCTION
鬼才・永井豪とダイナミック・プロ原作による同名コミックのテレビアニメ化作品。この後『マジンガーZ』や『キューティーハニー』など、東映アニメーションによって続々と制作される永井豪アニメシリーズのこう矢ともなった作品である。脚本は「大の永井豪ファン」を自認する辻真先がその大部分を手掛け、折からの変身ブームを強く意識したスピーディーな怪奇アクションが貫かれることになった。またキャラクターデザインは、メイン作画監督でもある小松原一男が担当。原作版とは大きく印象の異なる、よりヒーロー然としたデビルマンの雄姿が迫真の躍動感をもって活写されている。また演出陣も勝間田具治を筆頭に、当時の東映アニメーションが誇るアクション派ディレクターが大挙参画している点は見逃せない。ちなみに本作は、番組的には東映の特撮アクション番組『人造人間キカイダー』とともに、NET(現:テレビ朝日)土曜日夜8時台の「魔獣怪人大変身!!」枠のプログラムとしてオンエアされたもの。そのためアニメ作品ではあるものの、当時の子供たちからは仮面ライダーやキカイダーと並ぶ〈憧れの変身ヒーロー〉として高い支持を集めることになった。今回のBlu-rayBOXには、新たに発掘された当時の番組宣伝用フィルムを特別収録。放映版とは異なる背景美術や音響など、幻の初期映像が40数年ぶりに甦る!
[1972年7月―1973年3月NET(現・テレビ朝日)、毎日放送系にて放送]
STORY
ヒマラヤの山奥で、氷の中に閉じ込められた異形のものたちが動きだそうとしていた。それは、人類の歴史のはるか昔から長い間眠りつづけていた悪魔・デーモン族であり、今まさに地球を我が物としている人間たちを抹殺し、自分たちの世を取り戻そうとしていた。
ヒマラヤを探検していた不動博士とその息子の明は、彼らに命を奪われてしまう。デーモン族の英雄の一人、デビルマンは不動明の体を乗っ取り、人間界制圧の尖兵として日本に送られるが、そこで不動明のいとこである、牧村ミキと出会い、彼女に心を奪われる。
「デーモンも人間もしっちゃいねえ、地球がなんだい、ゼノンがなんだい。そんなもの、ミキに比べりゃ問題じゃねえ。そうよ、俺にはミキがいる!」人間を倒す使命を投げ捨て、ミキを守るためにデーモン族を裏切ったデビルマンは、今日も襲いかかるデーモン族の妖獣との孤独な戦い続ける。
CAST
デビルマン・不動明:田中亮一
牧村ミキ:坂井すみ江
タレちゃん:山本圭子
アルフォンヌ:永井一郎
ポチ:八奈見乗児
牧村耕作:鈴木泰明
魔王ゼノン:柴田秀勝
STAFF
原作:永井豪
企画:有賀健、旗野義文
脚本:辻真先、山崎忠昭 ほか
演出:勝間田具治、明比正行 ほか
作画監督:小松原一男、白土武 ほか
美術:福本智雄、浦田又治 ほか
音楽:三沢郷
製作担当:江藤昌治
©ダイナミック企画・東映アニメーション

DISC1 #1~#7
DISC2 #8~#13
DISC3 #14~#20
DISC4 #21~#26
DISC5 #27~#33
DISC6 #34~#39

封入特典

■ブックレット(24P)

映像特典

■キー局版、ローカル局(再放送)版、ふたつのオンエア・フォーマットを選択して再生可能!
■パイロットフィルム(約2分15秒) ※初ビデオグラム化
■ノンテロップOP(キー局版)
■ノンテロップOP(ローカル局版)
■ノンテロップED(ローカル局版/#1-12)
■ノンテロップED(ローカル局版/#13-39)

ボーナスディスク

[DVD 片面1層/1.主音声:モノラル/4:3]
■デビルマンメモリアル(1999年6月VHS・LD発売/60分)

その他特典

■越智一裕描き下ろしアウター&ジャケット

このページのトップに戻る