読み込み中

LOADING

NEWS

応援上映実施決定!

2024/06/19

「デカレンジャー」たちを応援したい!というご期待にお応えして一部劇場にて応援上映を実施いたします! 新宿バルト9T・ジョイ梅田TOHOシネマズ高知にて6/25(火)に開催! 声出し・歓声・応援OK、うちわ・タオルなど応援グッズのご持参もOKの上映会! ★TOHOシネマズ 高知では、菊地美香さん吉田友一さんも一緒に応援予定です! みなさまのご来場をお待ちしております! 新宿バルト9 https://tjoy.jp/shinjuku_wald9  6/25(火)19:15  T・ジョイ梅田  https://tjoy.jp/t-joy_umeda  6/25(火)19:15   TOHOシネマズ高知 https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/017/TNPI2000J01.do  6/25(火)18:10 ≪チケットのご購入方法≫   新宿バルト9・T・ジョイ梅田 ■劇場インターネット販売(各劇場webサイトにて販売) 2024年6月23日(日)0:00(=6月22日(土)24:00)より、オンラインチケット予約KINEZOにて販売いたします。 ※事前に無料会員登録が必要です。 ※販売開始直後はホームページへのアクセスが集中し、つながりにくい状態になる場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※チケット販売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。 ■窓口販売6月23日(日)劇場オープン時より ※窓口では劇場インターネット販売で残席がある場合のみの販売となります。 TOHOシネマズ 高知 ■劇場インターネット販売(劇場webサイトにて販売) 2024年6月23日(日)0:00(=6月22日(土)24:00)より、劇場HPにて販売いたします。 シネマイレージ会員の方:22日(土)21:00~ ■窓口販売6月23日(日)劇場オープン時より ※窓口では劇場インターネット販売で残席がある場合のみの販売となります。 入場料:劇場通常料金 ※各種割引券使用可能 ※無料券・招待券使用可

注意事項

【注意事項】

・サイリウム、ペンライトの持ち込みや、声援等を許可している特別な上映回となります。静かに作品を鑑賞されたい方には不向きな上映となりますので、予めご了解頂きました上で、チケットをお買い求めください。

・火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、足踏み、飛ぶ、跳ねる、暴れる、物をたたく、座席から離れて通路での鑑賞等、他のお客様へのご迷惑となる行為、危険な行為はご遠慮ください。

・サイリウム、グッズ等は、他の方のご鑑賞の妨げにならない程度の長さ・明るさのものをご使用下さい。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・お申込み内容の変更、お取消し(購入辞退)は一切お受けできませんので、ご注意ください。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・マスコミが入る可能性がございます。予めご了承下さい。

6/23(日)@立川シネマシティデカグリーン&ボスとデカレンジャーを応援しよう!発声可能!応援上映決定!

2024/06/14

絶賛上映中の「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」をキャストと一緒に応援できる上映イベント6月23日(日)立川シネマシティにて開催いたします。 作品を一緒に応援するのは、デカグリーン/江成仙一役の伊藤陽佑さんドギー・クルーガー役の稲田徹さん。応援上映を一緒に楽しんだ後には、エグゼクティブ・プロデューサーの塚田英明さんをお招きしてトークショーも実施予定!イベント開始時間・チケット予約は近日発表予定! みなさまのご来場をお待ちしております!

■日程:6月23日(日) ■会場:立川シネマシティ ■時間:11:00の回 上映後トークショー ■入場料:一律1,800円(税込) ※各種割引適用外、ムビチケ使用不可、各種招待券使用不可 ■登壇者(予定):伊藤陽佑、稲田徹、(トークショーのみ)塚田英明 ※登壇者については変更となる場合がございます。予めご了承下さい。 ≪チケットのご購入方法≫ シネマシティズン:6月19日(水) 0:00 【6/18(火)24:00】 一般:6月20日(木) 0:00 【6/19(水)24:00】 Web予約および窓口販売開始 Web予約はこちら ※シネマシティズンをご利用いただくには事前に有料の会員登録が必要です。 ※先着順での販売となりますので予めご了承ください。 その他注意事項

【その他注意事項】

・サイリウム、ペンライトの持ち込みや、声援等を許可している特別な上映回となります。静かに作品を鑑賞されたい方には不向きな上映となりますので、予めご了解頂きました上で、チケットをお買い求めください。

・火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、足踏み、飛ぶ、跳ねる、暴れる、物をたたく、座席から離れて通路での鑑賞等、他のお客様へのご迷惑となる行為、危険な行為はご遠慮ください。

・サイリウム、グッズ等は、他の方のご鑑賞の妨げにならない程度の長さ・明るさのものをご使用下さい。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・マスコミが入る可能性がございます。予めご了承下さい。

6/7(金)東京初日舞台挨拶付上映&6/8(土)大阪公開記念舞台挨拶付上映
オフィシャルレポート

2024/06/10

遂に上映が開始された「特捜戦隊デカレンジャー20th フャイヤーボール・ブースター」 6月7日(金)には東京・新宿バルト9で舞台挨拶付き上映を実施いたしました。 この日はデカメンバー6人が勢揃いし、満席の観客の拍手で迎えられ、まずは一言ずつご挨拶。
さいねいは「初日おめでとうございます。みなさんと今日という日を迎えられてうれしいです。一緒に楽しみんでいきましょう」と客席に呼びかけ。
林は客席との「相棒!」「相棒っていうな!」のお決まりのコールアンドレスポンスに続けて「本当に今日この場に立てていることに感謝いたします」とコメント。
伊藤もコールアンドレスポンスで会場を沸かせた後、「20年経ってますよ!これできるんですね。本当に幸せなことです」と笑顔。
木下は「変わらずみなさんから声援をいただいて嬉しく思っています」と感謝と喜びを伝えました。
菊地は「20年応援し続けてくださって本当にありがとうございます。小さかったみんながこんなに大きくなって、大きかったみなさんが20年間変わらず踏ん張って頑張り続けてくれたおかげで、今日またみなさんに会うことができました。心から感謝しています。今日は楽しみましょう~!」と感謝の気持ちを元気に伝えました。
吉田は「今はいろいろな仕事をして20年前とは大きく変わっているんですけど、またみんなと一緒にこのステージに立てることに本当に喜びを感じています」とコメントしました。
6人の挨拶が終わるとMCからの紹介でスペシャルゲストとして、稲田が登壇しました。客席からの歓声とともに姿を現し「ドギー・クルーガー役の稲田徹です。今日は楽しんでいきましょう」とご挨拶。
7人揃ったところで、MCの寺迫より「20年分の成長を感じた部分。もしくは変わらないからこそ魅力的だと思うところは?」という質問に、さいねいは「バンの20年分の成長をぜひ見ていただきたいです。あの男はかなりやってますよ!ハードル上げに上げて見てもらっても成長を感じてもらえると思います。(バンの)変わらない部分は、根っこの正義感ですね。正義感ってすごく難しくて、本当に正しいのかなって。見方によって正義って変わってくるじゃないですか。多分、アブレラはアブレラで彼の正義をきっと貫いていたと思うので。そういった意味で20年間ブレそうになりながらも軌道修正して貫いたバンの正義をみていただきたいです」とバンの正義感について語りました。 林は「Episode.11「プライド・スナイパー」の中の台詞にもあった「デカの誇りだ」って言葉があります。20年経ってもホージーはデカの誇りをもってやっている姿が見られると思います」と見どころと合わせてコメントしました。 伊藤は「娘が1歳になって親になって初めてデカレンジャーを演じて、今までも子どもたちに向けてと意識していましたが、さらに子どもたちが見て楽しいものになったらいいなって思って、センちゃんがやわらかい部分を担う役割になれたらなというプランで演技に臨めたこと、これが大きな違いでした。それがスクリーンに滲み出てたらいいなって思います」と話しました。 木下は「変わらずジャスミンは昭和ギャグを言っています(笑)時代が平成から令和になってもまだまだ昭和を引きずっている感じですが、大人の女性の魅力がアップしているといいなと思います。エスパー能力は、少し衰えがきているかもしれません。楽しみにしていてください!」とコメントし、さらに東映特撮ファンクラブ(TTFC)で6月16日より配信開始となる「デカレンジャーwithトンボオージャー」や「ヒーローママ★リーグ」に関しても告知し、本作だけでなくデカレンジャーがいろんなところで楽しめることも伝えました。 菊地は「ウメ子は変らず明るくてまっすぐなキャラクターだと思うので、私はやりきれたかなと思います!みんなが成長したり変化していく中で(ウメ子は)変わらない人。変わらないハートって言うのがウメコのお仕事なのかなと思い演じています。みなさまにどう届くのか声を聞かせてください」とアピールしました。 吉田は「TVシリーズのテツはおもちゃ的な要素を含んでいましたが」というと周りから「おもちゃ?!」と突っ込まれるシーンもありつつ「癒し系の部分を担っていたのかなと思いますが、本作でも協調性があるが故に翻弄されて誰かの捜査についていく、さらにそこが高知県高知市だったりして、そこで高知に行かなければ事件が解決しないストーリーで…」と高知のアピールと作品のアピールを合わせて紹介し、さらに入場者プレゼントのビジュアルカードはクラウドファンディングの一部から作られたことを話し、改めてクラウドファンディングに参加された方に感謝を伝えました。 稲田は「20年前TVシリーズのときは、意外と声高いんですよ」と明かし「大人を演じているみたいな背伸びをしていました。この20年でようやく低いところで声も落ち着いてきました。20年経ち、ようやく演じたいボスにたどり着けたかなと思います」と話し、当時は車の中でわざと喉をつぶしてアフレコに挑んでいたことも明かしました。  20年の話で盛り上がるも、もし次回作をやるならどこで?どんなことがやりたい?という質問がMCからされると、早速菊地が挙手し「いろんな取材でも出てきているんですが「デカマスターVSおとどちゃん」を撮りたい!」とアピールしおとどちゃんに対して「なるほどっていうキャラセンスです!だから高知で撮りたい!」と答えると林から出演の有無を問われるも「私は大丈夫です」と会場を笑わせました。 続いて林は「5月15日の完成披露上映会で龍二が「デカレンジャー2」で(本作のゲストである)長妻怜央さんや川村文乃さんに引き継いでほしいみたいな話をしていたので、いいヒントだなって思ってよくよく考えたときに「デカキッズ」どうかなって「デカ2nd デカの意思を継ぐ者たち」みたいな感じで、ホージーだけまだ幸せ感はないので・・・ジャスミン、ウメ子とセンちゃん結婚している、バンとテツも誰かと結婚して、全員結婚してそのキッズたちが宇宙警察養成所みたいなところに入って一日署長のようなかたちで教えにいったところで、親の背中を見て・・・」と語っているとさいねいに「「NARUTO」でいう「BORUTO」じゃん!」と突っ込み会場を笑わせました。 続いて稲田は「原点に帰って(東映撮影所)大泉の中で撮りましょうよ!僕、「王様戦隊キングオージャー」に出させていただき、あれはほぼ合成だったのでどこにでも行けるんです!デカレンジャーは宇宙警察って設定だから、宇宙のいろんな星とか地球では見つからないようなところも合成ならきっとできます!」とCGの凄さもあわせて大泉をアピールしました。 木下は「AIデカレンジャーはどうですか?もう私たち、出ない(笑)動けます!」と回答をし、さいねいは「地球人をジャッジメントしたいです!異星人ばっかりだったんですけど、地球にも悪い人はいっぱいいるので…なんでかというと、(地球人なら)ゲストがいろんな俳優で可能性や幅が広がるかなって。意外と地球人犯人いいなって思います!」と答えました。吉田は高知の魅力を職員として?!再度高知で撮影したいことをアピールし、最後に伊藤が「メタバース!」と回答しました。 ここで、変身ポーズを披露。「バン、ホージー、セン、ジャスミン、ウメ子、テツ、いくぞ!デカレンジャー出動!」というボスの掛け声に続き6人全員での変身を披露し会場からは大きな拍手がよせられました。

最後にさいねいから、 「6人揃っての変身はこの先、今のところ予定がないことに変身し終わった後に気づいて、感慨がひとしおだなと思ったんですが、この貴重な機会を見ていただきこの後も作品を楽しんでほしいです。」とみなさまにご挨拶。和歌山マリーナシティで6月9日(日)て行われた1日限りのスペシャルイベント「20周年 デカフェス アニバーサリー・ステージ」の告知もし舞台挨拶は幕を下ろしました。 翌6月8日(土)にT・ジョイ梅田でも舞台挨拶をデカメンバー5人で実施、こちらも満席のお客様に出迎えられました。

MCを伊藤陽佑さんが担当し、メンバーも現在プレミアムバンダイで現在予約受付中のアメコミ風デザインTシャツのメンバーカラーを着用したリラックスした雰囲気の中舞台挨拶がスタート。 (ちなみに菊地さんはご自身で用意された劇中冒頭で用意された衣装の上にTシャツを着用) 2回の舞台挨拶はお客様からの質問大会に終始!挙手されたお客様のもとに林さんがマイクを持って駆けつける展開に、お客様も質問もないまま挙手される人多数!「高知で食べておいしかったもの」「みんなで焼肉食べてますか」など気軽な質問から、キャスト陣が自分たちで考えている自身のキャラクターの裏設定や、30周年をするなら?といったご質問に各々持論を展開!この日も翌日和歌山マリーナシティで行われたイベントを猛アピールしつつ、各回あっという間に舞台挨拶は終了となりました!

入場者プレゼント決定!

2024/06/04

6月7日上映開始の「デカレン20th」の入場者プレゼントオリジナルビジュアルカードに決定いたしました! このアイテムは高知で実施された自治体クラウドファンディングで応援いただいた皆様からの支援金を活用したアイテムとなります。 表裏で変身前と変身後のキャラクターに分かれ、デカレッドらオリジナルキャストの他、本作のゲストキャストであるモクミス、プレミアデカレッド/江戸川塁、ドギー/スワンなどを加えた全9種類3週間週替わりで、各週3種類のうち1枚をランダム配布します。

1週目

配布期間:6月7日(金)~6月13日(木) キャラクター:デカレッド/赤座伴番 デカブルー/戸増宝児 モクミス

2週目

配布期間:6月14日(金)~6月20日(木) キャラクター:デカグリーン/江成仙一 デカイエロー/日渡茉莉花 プレミアデカレッド/江戸川塁

3週目

配布期間:6月21日(金)~ キャラクター:デカピンク/胡堂小梅 デカブレイク/姶良鉄幹 ドギー/スワン

※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者プレゼントを1枚お渡しします。 ※ランダムでの配布となります。絵柄は選べません。 ※数に限りがございます。先着順の配布となり、無くなり次第終了となります ※劇場により配布期間が異なる場合がございます。

DVD劇場先行発売!

2024/06/04

「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」上映劇場にて劇場先行販売版DVDを発売いたします! 劇場で観てお家でも楽しもう!

DSTD40465/5,000円(税込5,500円) 上映劇場にて先行発売! ※数に限りがございます。 ※お取り扱いがない場合もございますので在庫に関しては上映劇場までお問い合わせください。 ※11月発売のBlu-ray・DVDに収録予定のバリアフリー日本語字幕・音声ガイドは劇場先行販売版DVDには収録されておりません。


「特捜戦隊デカレンジャー20th フャイヤーボール・ブースター」 バリアフリー日本語字幕・日本語音声ガイド対応につきまして

2024/06/04

6月7日より上映となる「特捜戦隊デカレンジャー20th フャイヤーボール・ブースター」につきまして、バリアフリー日本語字幕・日本語音声ガイドを、スマホやスマートグラスで映画の字幕と音声ガイドを楽しめるアプリHELLO!MOVIE(ハロームービー)にて提供いたします。 ※劇場にて先行販売するDVDにつきましては、製作スケジュールの都合上、バリアフリー日本語字幕・日本語音声ガイドを収録しておりませんが、11月13日に発売予定のDVD・Blu-rayには、バリアフリー日本語字幕・日本語音声ガイドを収録いたします。 ※HELLO!MOVIE(ハロームービー)に関する詳細は、下記URLをご参照ください。 https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=dekaranger20th

5/29(水)高知凱旋舞台挨拶付き先行上映会 オフィシャルレポート

2024/05/31

去る5月29日(水)にTOHO シネマズ高知にて、高知凱旋舞台挨拶付き先行上映会を実施いたしました。TVシリーズからのメインキャストの赤座伴番/デカレッド役のさいねい龍二、戸増宝児/デカブルー役の林剛史、江成仙一/デカグリーン役の伊藤陽佑、胡堂小梅/デカピンク役の菊地美香、姶良鉄幹/デカブレイク役の吉田友一が参加しました。

この舞台挨拶に先駆け、日中に高知県庁と高知市役所を訪れた5人。吉田が現在、高知に移住し「高知市地域おこし協力隊」として働いているということで、浜田省司高知県知事と桑名龍吾市長を表敬訪問することになりました。まずは県庁へ行くと、浜田知事が吉田に「クラウドファンディングがすごい大盛況だったようですね」とうれしそうに尋ねると、吉田も「おかげさまで」と満面の笑みで挨拶。その後、「デカレンジャー」をはじめとするスーパー戦隊の魅力についても語り合いました。

続いて高知市役所に移動すると、ロビーにはあふれんばかりの人だかりが!どうやら吉田の同僚をはじめ、市役所の職員たちが、彼らの表敬訪問を聞きつけ、5人の到着を待ち構えてくれていました。さいねいたちは笑顔を見せ「ありがとうございます!」「吉田がいつもお世話になっております」と頭を下げ、感激しきりの様子。その後、桑名市長と対面した。「デカレンジャー」のオリジナルTシャツに身を包んだ桑名市長も5人を「ようこそ」と迎え入れ、高知ロケなどについて歓談。なお、桑名市長は夜の舞台挨拶にもゲストとして登壇しました。

その後、テレビ局の出演を終えたあと、いよいよ高知凱旋舞台挨拶付き先行上映会の会場となるTOHO シネマズ高知に移動した5人は、会場では熱い拍手に包まれました。なお、MCは本編にも出演したフリーアナウンサーの雫石将克が務めました。

まずは、さいねい龍二が「今日はこれから新しい20周年の映画をぜひ楽しんでください」と挨拶すると、林剛史も「短い時間ですがよろしくお願いします」と真面目に挨拶。続いて伊藤陽佑が「みんな、こーんにちは!」と呼びかけると、会場から「こーんにちは!」と返ってくるも、伊藤は「あ、こんばんはの時間だっけ」とおちゃめに笑いました。

菊地美香は「早速、業務連絡していいですか?」と、夫である吉田友一とともに担当している高知県をPRするYouTube動画「どっぷり高知旅」について「ぜひ、たくさん観ていただいて、県外のみなさんに広めてください」としっかりアピールしました。また、菊地は伊藤と吉田を指差し「劇中では、彼(伊藤)の妻、リアルでは彼(吉田)の妻です」と自己紹介。

吉田は「高知県高知市で『特捜戦隊デカレンジャー20th』が撮影できたというご報告と、これから皆さんと一緒に高知県を盛り上げる、そして『デカレンジャー』を支えていただきたいということで、今日はぜひそこをアピールしていきたいと思いますので、よろしくお願いします」と力強く語りました。

クロストークでは、高知を舞台にした脚本を読んだ感想について聞かれると、さいねいは「特撮で高知!?というのがすごく不思議な感じがあったのですが、台本を読み進めていくと、その必然性みたいなものがちゃんとありましたし、最後にはいい読後感がありました」と感心する。林も高知が舞台という設定に驚いたようだが「ただ、友一と美香が高知に住んでるっていうのもありましたし、高知は本当にご飯がおいしいなと思っていたので、高知へ行けるんだと思い、シンプルにラッキーだなと普通に喜びました」とうれしそうにコメントしました。

また、菊地は現在、「十月一日」というお弁当屋の店長をやっているとのことで「みんなに食べてもらいたくてお弁当を差し入れたりしました」とのことだが、菊地が他にも高知のいろいろな店舗から差し入れをしてもらったと言うと、吉田も「高知のたくさんの事業者さんや市民の方々の応援とご協力があって、今私たちがここで立っているので、本当に感謝しかないです」と続ける。それを受け、全員が「本当においしかったね」とうなずきあっていました。

伊藤は撮影で初めて高知に来たそうで「本当においしい。とあるシーンが出てきますが、そこで僕はにんまりしています。それはなぜでしょう」と言ったあと、その答えは避けて「観終わった後のネタバレトークを早くしたいなと思ってます」と苦笑い。

会場には子ども時代に「デカレンジャー」を観ていた世代や、その子どもや親世代と、幅広い年齢層の観客が詰めかけたようで、林は「ありがたいですよね。2世代じゃなくて3世代で来られている可能性もあるじゃないですか。 そういう形でこう劇場に足を運んでくださる機会が増えれば、本当に僕たちも嬉しいです」と感謝した。

舞台挨拶の後半では、ゲストとして桑名龍吾市長と、高知県のイメージキャラクターである「くろしおくん」、高知県須崎市のマスコットキャラクターである「しんじょう君」が登場し、黄色い歓声に包まれた。

桑名市長は「今回のロケ地に高知市を選んでいただきましたこと、関係者の皆さんやファンの皆さんの熱意に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。また、デカブレイク役の吉田くんは高知市役所の職員として、ロケ地の誘致に関しても資金集めからすごい力を発揮していただきました。そして今度はデカ役、警察官として、自転車のヘルメット着用の啓発運動で、チラシを配ったりもしていただいた。俳優と市役所の職員、そして警察官と、3つの仕事をしていただき、本当に感謝を申し上げたいと思います」と心からお礼を述べました。

その後、さいねいたち5人が変身ポーズを披露し、会場のテンションもさらにアップ。最後は、さいねいが「この作品は本当に何も考えなくていいぐらい楽しい作品になってると思いますので、存分に1時間のVシネクストを楽しんでいただければと思います。また、皆さまは全国に先駆けて先行上映を見る目撃者となっておりますので、全国に向けて発信の方もしていただければと。僕は今日“吉田友一を男にしよう”と思ってここに来ております。皆様のボタンで吉田友一を男にしてあげてください!どうもよろしくお願いします」と、熱いメッセージを放ち、大盛況のまま、舞台挨拶は幕を閉じました。

「高知市×デカレンジャー」コラボキャンペーン公式サイトオープン

2024/05/30

本作ロケ地となった高知市で行われる様々なコラボ企画一覧できる特設サイトがオープンしました! #デカ20thを見て、高知へGO! https://www.toei-video.co.jp/dekarankochi/

6/7(金)新宿・初日舞台挨拶&6/8(土)大阪・上映記念舞台挨拶決定!

2024/05/17

いよいよ上映初日を迎える「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」 6月7日(金)初日に新宿バルト9にて、翌6月8日(土)上映2日目に大阪T・ジョイ梅田での舞台挨拶が決定しました!

20周年記念作品の上映をキャストとともに祝える2日間! みなさまのご来場をお待ちしております!

【初日舞台挨拶付上映会】

<舞台挨拶①> ■日程:6月7日(金) ■会場:新宿バルト9  ■時間:17:30の回 上映終了後舞台挨拶 <舞台挨拶②> ■日程:6月7日(金) ■会場:新宿バルト9  ■時間:19:30の回 上映開始前舞台挨拶 ※こちらの上映回にはマスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。 ≪各回共通≫ ■入場料:一律2,500円(税込) ■登壇者(予定):さいねい龍二、林剛史、伊藤陽佑、木下あゆ美、菊地美香、吉田友一 ※登壇者については変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【上映記念大阪舞台挨拶付上映会】

<舞台挨拶①> ■日程:6月8日(土) ■会場:T・ジョイ梅田  ■時間:12:30の回 上映終了後舞台挨拶 <舞台挨拶②> ■日程:6月8日(土) ■会場:T・ジョイ梅田   ■時間:14:30の回 上映開始前舞台挨拶 ≪各回共通≫ ■入場料:一律2,500円(税込) ■登壇者(予定):さいねい龍二、林剛史、伊藤陽佑、菊地美香、吉田友一 ※登壇者については変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

≪チケットのご購入方法≫   ●チケット販売方法:ぴあプレリザーブシートで予約 ●ぴあURL:https://w.pia.jp/t/dekaranger20th/ ※インターネットのみの販売 ●支払い方法:クレジットカード、後払い powered by atone ●受付期間:5月17日(金)11:00 ~5月29日(水)11:00 ●抽  選:5月30日(木)18:00 ●一般発売 新宿バルト9:5月31日(金)10:00~6月6日(木)16:00 T・ジョイ梅田:5月31日(金)10:00~6月7日(金)16:00 ●受付枚数:お一人様4枚まで その他注意事項

【その他注意事項】

・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは購入の際ご確認ください。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・お申込み内容の変更、お取消し(購入辞退)は一切お受けできませんので、ご注意ください。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・マスコミが入る可能性がございます。予めご了承下さい。

・車椅子をご利用のお客さまは通常座席でチケットご購入後に劇場までご連絡をお願いいたします。 基本的には車いすスペースでのご鑑賞となりますが、車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。

5/15(水) 完成披露舞台挨拶付上映会オフィシャルレポート

2024/05/16

全国の一部の劇場とは、ライブビューイングも実施された完成披露舞台挨拶は大きな拍手でキャストが迎え入れられ、まずは一言ずつご挨拶。

さいねいは「ついにこの日が来たなと。心ゆくまで楽しんでください」とコメントし、林は会場と「相棒!」、「相棒って言うな!」とお決まりの台詞のコールアンドレスポンスで観客を盛り上げました。伊藤も「よっこらせって言うな!」と客席とのコールアンドレスポンスを楽しみ、ライブビューイングということもあり「札幌で両親がみています!みなさん楽しみましょう」とコメントしました。

今の気持ちを質問されると菊地が「始まってしまうっていう嬉しい気持ちと終わってしまうっていう気持ちで、私たちは(作品を)世に出したらできることはないので、この作品がどこまで成長できるのか皆さん力を貸してください。寂しい気持ちと送り出せる気持ちが入り混じっています」と今の感想を話しました。 台本を読んでの最初の感想を質問されるとさいねいは「いい意味で20th作品だけど、アニバーサリー感がなくてTVシリーズの続きのようなところに魅力があります。高知?!って一瞬思いましたが、デカレンジャーは宇宙警察地球署だから管轄内だなって思いました(笑)」と会場を笑わせました。林も「高知って聞いて、まず友一と美香の顔が浮かびました。それからロケ行けるんだろうなって思って、京都とか高知で撮影できる喜びと早く行きたいって」と撮影が楽しみだったことを明かしました。高知県在中で高知市職員でもある吉田は「(スーパー戦隊や仮面ライダーは)関東近郊での撮影が多いので、新しい挑戦もしていなかいといけないとも思って、Iターンで引っ越した高知を盛り上げていきたいって気持ちもありました。高知県は渋滞もないし、ロケしやすい!30分で海、山、川にいけるのでロケの効率も良いです。クラウドファンディングや行政の協力などもあって、これも新しいチャレンジでした。これが各自治体にも広がってスーパー戦隊が派生できたらいいなって思います」と想いを語り菊地も「夏には「仮面ライダーガッチャード」の映画も島根県出雲でロケがありますね」とコメントしました。吉田、菊地と一緒にアソシエーションプロデューサーとしても関わっている伊藤は「今回の台本は美香、友一と僕は企画会議から入っていて、当たり前のように今日こうやって完成披露舞台挨拶をやっているけど、これは全然当たり前じゃなくて、まずキャストが揃ったことも20th作品ができたことも、もし僕がファンの立場だったらすごく嬉しい!だからこの喜びを共有できて嬉しいです」と喜びを伝えました。本作のゲストキャストでプレミアデカレッドにも変身する長妻は「「デカレンジャー」は小さいころから知っていたので、とても嬉しかったです。最初にレッドって聞いたのでデカレンジャーとして新しいチームになるのかと思ったら、僕以外(新しい変身するキャストは)他に誰もいなくて単身弟子レッドでした!“弟子デカレンジャー”です。」と新しい言葉を生み出し、さらに「みなさんがあたたかく迎えてくれたのが嬉しかったです。最高でした!!!」とネタバレなしの中で想いを告げました。同じくゲストキャストでリドミハ星人のモクミスを演じた高知県出身の川村は「高知にデカレンジャーが来るの?ってびっくりしました!牧野植物園は遠足でもよく行っていました。植物園の学芸員って聞いて嬉しかったし、役も土佐弁だったので高知に生まれ育って良かったなって思いました」と喜びを明かしました。 本作はバンから塁へとSPライセンスが受け継がれる世代交代もテーマになっており、ちなんで次の世代に受け継ぎたいことなどを質問しました。 さいねいは「「デカレンジャー」を次の世代に受け継ぎたいです。これは僕たちがやってきた作品ではなくて、TVシリーズで「デカレンジャー2」を1年間やっていただいて、レッドはぜひ長妻さんにやっていただき、グリーンは川村さんにやってもらいたい!」と宣言し客席からも歓声が沸きました。林も「もう1回ブルーやらせてもらいます!」と挙手し会場は大いに盛り上がりました。菊地も「関係者のみなさま、よろしくお願いします!」と声を挙げました。受け継ぎたいものとして、林は「10周年、20周年などの周年作品が「忍風戦隊ハリケンジャー」から始まって「爆竜戦隊アバレンジャー」も戻ってきて、僕たちもみなさんに支えられて(20th作品が)できました。これからもずっと後輩たちにこの10周年、20周年作品を永続的に続けてもらえたらいいなと思います。こうやって応援してくださる方も今日目の前にして改めて感じることもできたので、このいい気持ちを後輩たちにも味わってもらえたらいいなって思って今後も続いてほしいです。それでスーパー戦隊も仮面ライダーも(周年作品が)増えていって盛り上げていって、次の世代にバトンタッチしていきたいなって思います」と周年作品への想いを明かしました。伊藤は「エンタメの世界にいて、20th作品に携わることが嬉しいし、精一杯仕事をしているだけなんですが、こうやって楽しいことに感化されていってほしいし、警察官になりましたとか、(「王様戦隊キングオージャー」のヤンマ・ガスト/トンボオージャー役の)渡辺碧斗のように俳優になりましたとか、いいスパイラルが生まれて繋がってくれたら嬉しいなと思います」と話しました。菊地は「「デカレンジャー」を軸に考えたときに現場のでのふるまいとかは(白鳥スワン役の)石野真子さんを見てすごく影響を受けました。いつも笑顔でいつもフラットでおちゃめなところもあって完璧な女性であって俳優であって、20年経って当時の真子さんの年齢を超えるかなって時に、無償の愛とか「デカレンジャー」に対してもすごい愛情を持っていてフワッとした当たり前な安心を持っていて、それが真子さんのプロフェッショナルなところだと思いますが、それを体現して、お弁当を作ったりとか人をいやしたりできると思うので真子さんから受け継いだ愛をヒーローだからこそ伝えたいし、伝えていきたいなと思います」と自身が店長のお弁当屋さん「十月一日」のお店での在り方も語られました。吉田は「鍼灸師の資格をとって9年目になりますが、人間、元気じゃないと映画も見れないし、旅もできないし高知にも来られないので、人間と健康は切っても切れない、そんなことを考えながら日々臨床にあたっています。これから鍼灸がさらに広がって健康で国を守りたいです」と話し、林、伊藤、長妻を患者として毎月、吉田が診ていることも明かされました。長妻は受け継ぎたいこととして「バラエティーの部分を大切にしているのですが、最近変顔のレパートリーが無くなってきていて、先生である吉田さんの変顔を受け継ぎたいなって思います」と吉田に無茶ぶりをしました。時間の関係もあり、変顔はSNSで受け継ぐことになり…今後のお楽しみに!?川村は「私は(自身が所属している)アンジュルムでアイドル活動をしていて、今年10周年を迎えるので、先輩方からたくさんのことを受け継いだので後輩にそれを教えて、アンジュルムがどんどん続いていったらいいなって思います」と自身の周年であることも明かしながら後輩への想いを告げました。 そして、本日は登壇できなかったデカイエロー/ジャスミン・日渡茉莉花役の木下あゆ美から20周年が完成した喜びや観客に一緒に盛り上げてほしい!と作品への想いを語るビデオメッセージも届きました。 また、会場とライブビューイングへの観客へ感謝の意味も込めて、特別に長妻、川村も含めた7人での同時変身も披露いたしました。

最後の締めとしてさいねいからご挨拶。 「今日はみなさま本当にありがとうございました。本当にここまできたので、何も言うことはございません。心ゆくまで「デカレンジャー」の世界、20年後を楽しんでください!」とメッセージを送り、さらに「6月9日には和歌山で「デカフェス」があります。ヒーローショーをやります!イベントとか舞台挨拶はやったことがあるけどヒーローショーは初めてなので、和歌山に来て楽しいところや、おいしいものもいっぱいあるのでヒーローショーと併せて楽しんでほしいです」と6月9日(日)に和歌山マリーナシティにて開催される「20周年 デカフェス アニバーサリー・ステージ」の告知をして大きな拍手の中、舞台挨拶は幕を下ろしました。

5/29(水)「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」
高知凱旋舞台挨拶付先行上映の開催決定!

2024/05/08

6月7日(金)より期間限定上映の「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」の高知凱旋舞台挨拶付先行上映を5月29日(水)に開催することが決定いたしました! みなさまのご来場をお待ちしております!

■日程:5月29日(水) ■会場:TOHOシネマズ高知 ■時間:18:30の回 上映開始前舞台挨拶 ※マスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。 ■入場料:一律2,500円(税込) ■登壇者(予定):さいねい龍二、林剛史、伊藤陽佑、菊地美香、吉田友一、MC:雫⽯ 将克 ※登壇者については変更となる場合がございます。予めご了承下さい。 【一般販売】 ●チケット販売方法:ぴあプレリザーブシートで予約 ●ぴあURL:https://w.pia.jp/t/dekaranger20th/ ※インターネットのみの販売 ●支払い方法:クレジットカード、後払い powered by atone ●受付期間: 5月8日(水)11:00 ~5月16日(木)11:00 ●抽  選: 5月17日(金)18:00 ●一般発売: 5月18日(土)10:00~5月28日(火)16:00 ●受付枚数:お一人様4枚まで その他注意事項

【その他注意事項】

・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは購入の際ご確認ください。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・お申込み内容の変更、お取消し(購入辞退)は一切お受けできませんので、ご注意ください。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・マスコミが入る可能性がございます。予めご了承下さい。

・車椅子をご利用のお客さまは通常座席でチケットご購入後に劇場までご連絡をお願いいたします。 基本的には車いすスペースでのご鑑賞となりますが、車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。

5/15(水)「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」
完成披露舞台挨拶付上映会の実施&全国同時生中継決定!

2024/04/25

6月7日(金)より期間限定上映の「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」の完成披露舞台挨拶付上映会を5月15日(水)に開催することが決定いたしました! さらに、舞台挨拶の模様を全国の上映館(一部劇場を除く)にて生中継いたします!6月7日(金)の公開を前に、本作をいち早くご鑑賞いただける上映会になります。 みなさまのご来場をお待ちしております!

【新宿バルト9での完成披露舞台挨拶付上映会について】

<舞台挨拶①> ■日程:5月15日(水) ■会場:新宿バルト9  ■時間:16:25の回 上映終了後舞台挨拶 <舞台挨拶②> ※こちらの上映回の舞台挨拶が全国同時生中継となります。 ※こちらの上映回にはマスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。 ■日程:5月15日(水) ■会場:新宿バルト9  ■時間:18:20の回 上映開始前舞台挨拶 ≪各回共通≫ ■入場料:一律2,500円(税込) ■登壇者(予定):さいねい龍二、林剛史、伊藤陽佑、菊地美香、吉田友一、長妻怜央(7ORDER)、川村文乃(アンジュルム) ※登壇者については変更となる場合がございます。予めご了承下さい。 ≪チケットのご購入方法≫ 【東映特撮ファンクラブ(TTFC)会員限定先行販売】 TTFC会員限定先行抽選販売「プレリザーブ」をご希望の方は、TTFCアプリ(iOS端末、Android端末、Fireタブレット)より、ホーム画面下にスクロールした先にある「会員特典」より、ご自身の会員継続日数のバナーをタップして「チケットぴあ」の専用ページにてお申し込みください。 ●TTFC URL:https://tokusatsu-fc.jp/   ●受付期間: 4月25日(木)11:00 ~5月8日(水)11:00 ●抽  選: 5月9日(木)18:00 ※会員継続日数により、お申し込みページへの入り口が違います。「2,000日以上」「1,000~1,999日」「365~999日」「0~364日」の中から、お申し込み日時点の会員継続日数のバナーからのみ、お申し込みページへ遷移可能です。ご自身の会員継続日数については画面下部に表示されるメニューバー「マイページ」内でご確認いただけます。 ※FireTVstick以外の端末からお申し込みいただけます。Amazon課金でFireTVstickをご利用の方は、Fireタブレットからお申し込みいただくか、FireTVstick内の「BNID連携」ボタンから事前に取得したBNIDを連携していただき、お手持ちのスマートフォンまたはタブレット端末に連携したBNIDでログインいただくことで、その端末からお申し込みいただけるようになります。(BNIDはバンダイナムコグループのサービスで利用されるID基盤です。取得は無料です。詳細はリンク先よりご確認ください。) 東映特撮ファンクラブについてのお問い合わせは、東映特撮ファンクラブアプリ内のお問い合わせフォームよりお願いいたします。 【一般販売】 ●チケット販売方法:ぴあプレリザーブシートで予約 ●ぴあURL:https://w.pia.jp/t/dekaranger20th/ ※インターネットのみの販売 ●支払い方法:クレジットカード、後払い powered by atone ●受付期間: 4月25日(木)11:00 ~5月8日(水)11:00 ●抽  選: 5月9日(木)18:00 ●一般発売: 5月10日(金)10:00~5月14日(火)16:00 ●受付枚数:お一人様4枚まで その他注意事項

【その他注意事項】

・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは購入の際ご確認ください。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・お申込み内容の変更、お取消し(購入辞退)は一切お受けできませんので、ご注意ください。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・マスコミが入る可能性がございます。予めご了承下さい。

・車椅子をご利用のお客さまは通常座席でチケットご購入後に劇場までご連絡をお願いいたします。 基本的には車いすスペースでのご鑑賞となりますが、車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。

【全国同時生中継について】

新宿バルト9で行われる、5月15日(水)18:20の回上映開始前舞台挨拶の生中継となります。生中継付き上映会チケットは5月11日(土)頃から順次、各劇場にて、一律2,000円(税込)にて販売開始予定です。 ≪生中継 実施劇場一覧はこちら≫ https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=dekaranger20th ※実施劇場一覧は随時更新いたします。 ※劇場により上映開始時間が多少前後する場合がございます。各劇場HPをご覧のうえご来場ください。 ※販売方法、販売開始日時などについては、各劇場名をクリックして詳細をご確認ください。 ※一部の窓口販売では、インターネット販売分と併せて完売となる場合もございます。 注意事項

【注意事項】

・中継先の劇場には、ゲストの登壇はございません。

・衛星中継のため、気象条件等の影響により映像・音声が乱れる場合がございます。 万が一、気象条件等の影響によるやむを得ない中断が発生いたしましても、チケットの払い戻しは致しかねますので、予めご了承ください。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・緊急事態等に伴う主催者側判断による中止の場合を除き、ご購入者様によるいかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。

・お申込み内容の変更、お取消し(購入辞退)は一切お受けできませんので、ご注意ください。

・チケットの不法転売は固く禁じます。転売されたチケットは無効となり入場をお断りさせていただく場合があります。

・状況により、止む無くイベントを中止させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

ファイヤーボール・ブースター上映前予習!!!
ファンが選んだ激推しエピソード10話を
4月20日(土)より順次 東映特撮YouTubeOfficial にて期間限定無料配信!

2024/04/19

4月1日から4月10日にファンのみなさまにご投票いただきました激推しエピソード。 多くの投票の中から、人気上位10作品を5回に分けて東映特撮YouTube Officialにて期間限定配信いたします。さらに5月25日からは「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」の配信も決定!20th上映開始までバッチリ予習してください!

配信スケジュール

■4月20日(土)20:00~
  • Episode.20「ランニング・ヒーロー」 (2004年7月4日放送)

    脚本/横手美智子 監督/竹本昇

    みんなのことを守るために全力で走って全力で探していてその全力なバンが大好きです !♡ (るちゃ)
    デカレンがSF特撮で刑事ドラマであることを活かしたトリックに当時感心しました! (黒山黒湯)
    20年近くスーパー戦隊シリーズを観ていますが、この回が1番大好きです!誰にも予想できない、バンだからこそできる推理は、何度観ても熱くなれます!センちゃんの激長倒立も見どころです! (ウメコだいすき)
    • Episode.26「クール・パッション」 (2004年8月15日放送)

      脚本/横手美智子 監督/坂本太郎

      ホージーの最後まで戦う姿がかっこいい! (みな)
      「相棒は天才なんだ……努力のな」このセリフが当時幼稚園児だった私の心に残り今でもこのお話を忘れません。何度観てもこのバンのホージーに対しての相棒と呼ぶだけの信頼や絆が現れてるこの回が大好きです。(あゐらん)
      普段はクールが全面に出ているホージーの熱くて激しい一面がめちゃくちゃカッコいいです!!スナイパーだけどもボクシングもできる、そんなパーフェクトなホージーが、スーパークール! (ようか)
    • ■4月27日(土)20:00~
      • Episode.33「スワットモード・オン」(2004年10月3日放送)

        脚本/横手美智子 監督/辻野正人

        「宇宙一のスペシャルポリスとは」の答えが胸熱 (HI)
        挿入歌の「SWAT ON デカレンジャー」流れながらのSWATモードの活躍が最高にカッコイイです (まー)
        伝説の神回!これ以上ない強化フォームのお披露目に、放送当時幼稚園児だった私は震えました (紅茶沼)
        • Episode.36「マザー・ユニバース」(2004年10月24日放送)

          脚本/横手美智子 監督/渡辺勝也

          あの白鳥スワンさんの華麗な変身姿は見ておかないともったいない! (noko)
          1話限りの変身という圧倒的レア感!スワンさんの存在の大きさが身に染みる回です。デカスワンが好きすぎて録画したビデオを擦り切れるまで観てました!当時母と一緒に最後のテツとスワンさんのくだり『スワンさん変身できるんですか?』『乙女の嗜みよ』を何度も真似してました笑 (ちらし寿司)
          スワンさんという存在の大きさ、デカレンジャーの6人とボスからしても、大きな、大好きな存在なんだと改めて感動したエピソードです!!マザーユニバースの曲も大好きです!! (憧れのデカブルー)
        • ■5月4日(土)20:00~
          • Episode.39「レクイエム・ワールド」(2004年11月14日放送)

            脚本/荒川稔久 監督/竹本昇

            デカレンジャーの「SFミステリー」の要素がこれでもかと描かれた回。衝撃的な展開に驚愕しました。 (サトウサトウ)
            まさに夢に出てくるほど怖かった思い出です。しかし、ウメコとジャスミンの友情かつ信頼関係に胸打たれました。 (daina)
            始まり方が衝撃的で、真相が明かされたときの驚きを今でも覚えています。ジャスミン始めデカレンジャーの快進撃もとてもかっこよくて、転々とするシーンに子供ながらに釘付けになっていました。 (痛いんです)
            • Episode.43「メテオ・カタストロフ」(2004年12月12日放送)

              脚本/荒川稔久 監督/坂本太郎

              ホージーのバンに対する想いを打ち開けるシーンが感動した・・・!! (WEED)
              バンとホージーのコンビ回で1番好き!!ホージーの強い本音が聞ける1番良い話しだと思うし、地球暑にはバンが必要なんだなぁと再確認出来る話です。 (そう)
              このエピソードの見所としては全ロボで放つ、「オールスター・アルティメットバスター」がとても魅力的です。 デカレンジャーのロボはとても魅力的なロボが多いので個人的にとても熱い回だな思います。(飛びます飛びます君2号)
            • ■5月11日(土)20:00 
              • Episode.44「モータル・キャンペーン」(2004年12月19日放送)

                脚本/武上純希 監督/鈴村展弘

                ボスが覚悟を持って振り下ろす一刀に痺れる!!! (銀河一刀流門下生)
                デカマスター推しとしてはハイヌーン·ドッグファイトに並ぶ神回!かつての弟弟子との一騎打ちは必見!(Master)
                前半のビスケスに苦しめられて、バッチ取られて、「えぇデカレンジャー勝てるの。。」って当時3歳ながら不安だったのを覚えてます。そして残ったバンジャスミンで立ち向かい、傷を負ったホージーたちも無理して合流!全員揃った時の安心感とワクワク感忘れられませんしかっこ良すぎます!!珍しいスワッドモード+ボス含め7人名乗り!!かっっこよすぎて今見ても泣いちゃいます。。デカレンジャーの無双がかっこ良くて!因縁のボスvsビスケスも熱くて!!これぞthe戦隊だと思う回です!!! (チッチ)
                • Episode.46「プロポーズ・パニック」(2005年1月9日放送)

                  脚本/荒川稔久 監督/中澤祥次郎

                  子供の頃は気づかなかったが、大人になって10Yearsを見た後に気づいた。センちゃんとうめこのやり取りに思わずニヤニヤしてしまう話。 (Kすけ)
                  ウメコファンです!ウメコの心とお人形を助けて〜〜!とハラハラしていたときに登場したせんちゃんのかっこよさたるや!これぞヒーロー!って感じがして大好きな回でした。 (せりな)
                  とにかくウメコが可愛い。そして儚く切ない。仙ちゃんのカッコよさ炸裂‼︎ (ヤス)
                • ■5月18日(土)20:00 
                  • Episode.48「ファイヤーボール・サクセション」(2005年1月23日放送)

                    脚本/横手美智子 監督/竹本昇

                    バンが命懸けでテツに委ねたこと。当時はまだ幼かったのですごくドキドキしながら観てました。 (shoko。)
                    バンとテツの信頼関係があったからこそ、またその信頼関係がなければ絶対に倒せなかった相手の回だから。絶対に生き返ると信じてバンの心臓を止めたテツの覚悟もバンのテツへの信頼もスゴすぎる回!!本当にどうなるのかハラハラした回! (スカポンたぬき)
                    ここのバンとテツの友情が大好き‼︎先輩後輩だけど親友みたいな感じに見えて良い 結局地球署は最高 (りょーた)
                    • Episode.50「フォーエバー・デカレンジャー」(2005年2月6日放送)

                      脚本/荒川稔久 監督/竹本昇

                      この話を見ていつも勇気を貰っています!フォーエバー!デカレンジャー!! (ソラ)
                      最後のほーじーの「あとは、頼んだぞ…相棒!!」に鳥肌が止まりませんでした!!そのあとのばんの嬉しそうな顔での「相棒って言うな!」も最高です!! (404ナチュラル)
                      最後の戦い6人の熱き魂が見どころ!!!仲間たちの絆が感動です! (あみーご)
                    • ■5月25日(土)20:00
                      • 「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」(2005年10月)

                        脚本/荒川稔久 監督/竹本昇

                      【配信サイト】 東映特撮YouTube Official 【再生リスト】 【特捜戦隊デカレンジャー20th上映記念】これで予習ばっちり!ファンが選んだ激推しエピソード! 【配信期間】 上記すべての作品  6月9日(日)23:59まで ※配信順は投票の人気順位ではございません。 ©東映

予告&ポスター解禁!新キャスト黒川芽以・福山潤参戦!主題歌20周年Ver!

2024/04/15

予告&ポスター解禁!

劇場上映まで2カ月を切った『特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター』 いよいよ予告と、本作にふさわしいポスタービジュアルを解禁いたしました! 予告ではレッドがまさかの世代交代!?地球署史上最悪の事件が発生!?なぜか高知に事件の鍵がある?という驚きに満ちた内容や、謎の星人ラエンジョ、牧野植物園学芸員モクミスがまさか!?といった本作の一旦が垣間見られる様子に加え、変わらず活躍を続けるデカレンジャーたちの姿をご覧いただけます。予告はコチラ! さらにポスターではプレミアデカレッドがドギー・クルーガーの愛刀ディーソードベガを構え、刃の部分にはおなじみの面々がならび、塁、モクミス、ラエンジョ、マープルやドギー・クルーガーも集合した、20周年を祝す豪華でクールなポスターになりました。

新キャストに黒川芽以・福山潤が参戦決定!

剣を振り回す赤い着物のアリエナイザー、麻薬王タレワラーネの妻・ラエンジョを黒川芽以さんが演じられます! 子役としてデビューし数多くの映画やテレビドラマで活躍、2003年には「劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」にもゲスト出演。久々の東映特撮作品出演の今回、渡辺勝也監督とは1998年にレギュラー出演したメタルヒーローシリーズ「鉄腕探偵ロボタック」以来25年ぶりのタッグになります! 本作では、華麗な躍動感あるアクションを劇中で披露しています! シルバーの髪と大きな青い目が印象的な小さなジウジッソ星人の子・マープルを演じるのは福山潤さん!「コードギアス 反逆のルルーシュ」ルルーシュ役、「吸血鬼すぐ死ぬ」ドラルク役、「おそ松さん」松野一松役、スーパー戦隊シリーズでは「烈車戦隊トッキュウジャー」ネロ男爵、初夏より配信となる仮面ライダーのアプリゲーム「ライドカメンズ」では高塔戴天役など様々なキャラクターを演じている福山さんが、健気な少年を演じます。

サイキックラバーが歌う主題歌も20周年Verに新録!

主題歌もTVシリーズ同様にサイキックラバーが担当!20周年の本作のために新録された「特捜戦隊デカレンジャー20th ~ファイヤーボール・ブースター~」!新しくなった熱き楽曲にご期待ください! ※本予告での楽曲はテレビシリーズ当時のものになります。

『デカレン20th』上映前予習企画!
これも見たい!!ファンが決める!激推しエピソード大投票スタート! 結果を順次配信予定!

2024/04/01


©東映

「特捜戦隊デカレンジャー」放送開始20周年を記念して2月15日から配信された1,2話と、キャストお気に入り9話のエピソードは合計再生数が90万再生を超え、皆様のご支持をいただきました!

「まだ見たい!」、「このEpisode.が実はおもしろい!」など多くのご意見もいただきましたが、それにお応えする形でファンの皆様がもう一度見たいエピソードを大募集いたします! 全50 Episode.中、3月31日で配信終了となった9話をのぞく、41 Episode.のなかから、応募フォームに沿って投稿いただき、人気上位の作品を東映特撮YouTube Officialにて順次期間限定配信いたします。 「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」鑑賞前に、熱いコメントと共にご投票ください!

投票はこちらから!

※投票は4月10日(水)23:59まで! ※4月中旬以降 毎週土曜順次2話ずつ配信予定。 ※人気上位作品を4月中旬以降 毎週土曜順次2話ずつ配信予定。 配信作品は確定後HPなどで発表いたします。 ※都合により配信タイミングは変更となる場合がございます。 ※各エピソード内容振り返りはこちらをご確認ください!  https://www.toei-video.co.jp/dekaranger20th/special/ 【 配信期間 】4月中旬~6月30日(日) 23:59 (予定) 【配信サイト】東映特撮YouTube Official 【再生リスト】https://www.youtube.com/playlist?list=PLPtUVm4GBlyI30hHenCw514J-jndSNoU_ ※配信開始まではご利用いただけません。

特捜戦隊デカレンジャー テレビシリーズ 全50Episode.は≪公式アプリ≫東映特撮ファンクラブで全話好評配信中! ※ご視聴には有料の会員登録が必要です。

ゲストキャスト&スーツアクター情報発表‼

2024/03/15

6月7日(金)より期間限定上映となる『特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター』! 本作に出演する2名のゲストキャストをご紹介します!

バンの後輩でプレミアデカレッドに変身する S.P.D 江戸川塁役 7ORDER 長妻怜央 バン(赤座伴番)が指導するファイヤー・スクワッド所属の新人。バンからSP1ライセンスを譲り受けプレミアデカレッドにチェンジする。地球に落ちてきた未確認物体の調査でバンとともに地球にやってくる。

牧野植物園のベテラン学芸員 モクミス役 高知県出身・アンジュルム 川村文乃 高知が誇る県立牧野植物園の学芸員。全宇宙のあらゆる植物の、豊富な知識に精通したベテラン。これまでの経験から警察が嫌いなようだが…。

さらにTVシリーズで当時デカレッドのスーツアクターを担当し、本作ではアクション監督を担当している福沢博文が本作でもデカレッドのスーツアクターを担当いたします!

長妻怜央さん 川村文乃さん からのコメントはこちら!

  • 長妻怜央(7ORDER)

    江戸川塁役で出演させて頂きます。長妻怜央です。 まさか自分があの頃見ていたデカレンジャーの世界に入れるとは思ってもみませんでした!! しかも、、、 変身までさせて頂けるとは。 宇宙警察の後輩として、宇宙の平和を守っていけるように頑張っていきます!

  • 川村文乃(アンジュルム)

    地元高知が舞台の映画作品に出演できたことが夢のようです! 子供の頃からよく行っていた牧野植物園でデカレンジャーの皆さんと一緒に撮影をすることができて嬉しかったです!

『特捜戦隊デカレンジャー』放送開始20周年!
TVシリーズセレクション期間限定追加配信

2024/03/01

古川登志夫&稲田徹の熱きコメント到着! 稲田激推しEpisode.も期間限定配信追加! ご好評いただいている『特捜戦隊デカレンジャー』Episode.期間限定配信に番組ナレーターをご担当していただいている古川登志夫さんとドギー・クルーガー役稲田徹さんからコメントが到着! キャストEpisode.セレクト コメント!

  • 古川登志夫(ナレーター)

    Episode.1 ファイヤーボール・ニューカマー (2004年2月15日放送)

    脚本/荒川稔久 監督/渡辺勝也

    一言で言うなら半端ないワクワク感!新番組の第一話ということで、期待感MAXだったことに加え、オープニングタイトル、主題歌のイントロ、ナレーションへの畳み込み、スピード感、更に映像のカッコよさに一気に引き込まれた。次いで本編のCG映像の進化に驚嘆!

  • 稲田徹(ドギー・クルーガー)

    Episode.13 ハイヌーン・ドッグファイト(2004年5月9日放送)

    脚本/荒川稔久  監督/竹本昇

    どうせ稲田徹はコレ選ぶと思ってたんでしょ?そりゃそうだよ! で、みんなが見たいのはコレでしょ? 知ってる人は言わずもがな、見た事ないって人は、まぁとりあえず見てみて。 そしてコレを見たら欲しくなるであろう、ディーソードベガ-MEMORIAL EDITION-は、プレミアムバンダイにて絶賛予約受付中です。

©東映

『特捜戦隊デカレンジャー』 TVシリーズセレクション期間限定追加配信

【期間】 3月1日(金) 12:00~3月31日(日) 23:59 【配信サイト】 東映特撮YouTube Official 【再生リスト】 https://www.youtube.com/playlist?list=PLPtUVm4GBlyI30hHenCw514J-jndSNoU_ 【配信話】

古川登志夫 選  ★Episode.1 ファイヤーボール・ニューカマー https://youtu.be/J8aSyfC7VfM 稲田徹 選  ★Episode.13 ハイヌーン・ドッグファイト https://youtu.be/SOzNmEcGyZ8

『特捜戦隊デカレンジャー』放送開始20周年!
記念すべきEpisode.1,2&キャストセレクションEpisode.を期間限定配信!

2024/02/15

2024年2月15日は『特捜戦隊デカレンジャー』Episode.1が放送された2004年2月15日からちょうど20年!これを記念して東映特撮YouTube OfficialにてEpisode.1,2と、デカレンジャーキャストのお気に入りEpisode.を期間限定配信します! キャストEpisode.セレクト コメント!

  • さいねい龍二(赤座伴番/デカレッド)

    Episode.34 セレブ・ゲーム (2004年10月10日放送)

    脚本/武上純希  監督/鈴村展弘

    純粋にストーリーがおもしろい。

  • 林剛史 (戸増宝児/デカブルー)

    Episode.37 ハードボイルド・ライセンス (2004年10月31日放送)

    脚本/荒川稔久  監督/渡辺勝也

    特捜、ヒーローの概念を覆すかのような昭和感満載の作品で渡辺監督のこだわりを凄く感じました。 ホージーの切なさ、苦悩、刑事に対するプロ意識 ホージーメイン回だったからこその作品だなと ホージーという役は今まで演じたどのキャラクターよりも愛を持っています。

  • 伊藤陽佑(江成仙一/デカグリーン)

    Episode.41 トリック・ルーム(2004年11月28日放送)

    脚本/武上純希 監督/中澤祥次郎

    「俺は名探偵を推理で倒した」と自慢している回。メインの敵、アサシン星人ジンギの声は高山みなみさん。(ちなみにEp.34 セレブ・ゲームではサウザン星人ギネーカの声 山口勝平さんを倒しています)注目のシーンはバンと昔助けてもらった警官(演:三村幸司)がセンの中でシンクロする場面です。「ありがとう、おまわりさん」

  • 木下あゆ美(日渡茉莉花/デカイエロー)

    Episode.27 ファンキー・プリズナー(2004年8月22日放送)

    脚本/荒川稔久 監督/坂本太郎

    ジャスミンメインの話の中でもコミカルなシーンがとても多い回です。前半は協力者となる陽気なアリエナイザー、ニワンデに振り回され、でも最後は彼の思いを知り、ちょっと良い話に。コミカルとシリアスの緩急がとっても良い塩梅で、大好きなお話です。

  • 菊地美香(胡堂小梅/デカピンク)

    Episode.17 ツインカム・エンジェル(2004年6月6日放送)

    脚本/荒川稔久  監督/渡辺勝也

    何も言わずとも皆様にも伝わるでしょう。この神回は外せません!!! 5話や12話など自分のメイン回はもちろんお気に入りですが、17話のヒロイン編は思い出がたくさん詰まった忘れられないエピソードの一つです。 ジャスミンとウメコ。まったく違う二人だけれどお互いに想い合う姿はいつ見ても尊いです。

  • 吉田友一(姶良鉄幹/デカブレイク)

    Episode.45 アクシデンタル・プレゼント(2004年12月26日放送)

    脚本/横手美智子 監督/鈴村展弘

    誰も悲しまない話(テツ以外)。観ていて癒される。かっこいいヒーローがエイリアンに翻弄され、右往左往する姿はコミカルで逆に新鮮に映った。また過去に出てきたキャラクターの総集編的な要素も加わっており、懐かしさも内包されている。楽しい回はなんかイイ!

©東映

『特捜戦隊デカレンジャー』 Episode.1,2&キャストセレクションEpisode.期間限定配信

【期間】 2月15日(木) 7:30~3月31日(日) 23:59 【配信サイト】 東映特撮YouTube Official 【再生リスト】 https://www.youtube.com/playlist?list=PLPtUVm4GBlyI30hHenCw514J-jndSNoU_ 【配信話】  ★Episode.1 ファイヤーボール・ニューカマー https://youtu.be/J8aSyfC7VfM  ★Episode.2 ロボ・インパクト https://youtu.be/J-1mtgi_GvU

≪キャストセレクション!≫

さいねい龍二 選  ★Episode.34 セレブ・ゲーム https://youtu.be/r-21jv2Sp00 林剛史 選  ★Episode.37 ハードボイルド・ライセンス https://youtu.be/JrQITLHPZFE 伊藤陽佑 選  ★Episode.41 トリック・ルーム https://youtu.be/AeGp4Chph_0 木下あゆ美 選  ★Episode.27 ファンキー・プリズナー https://youtu.be/rkDxXt8Ze1o 菊地美香 選  ★Episode.17 ツインカム・エンジェル https://youtu.be/dniwrqoX-2A 吉田友一 選  ★Episode.45 アクシデンタル・プレゼント https://youtu.be/6kySTv0Es4Y

上映日時決定!

2024/01/31

2024年6月7日(金)より劇場で期間限定上映いたします。 20年目の節目に再集結したデカレンジャーの勇姿をスクリーンで刮目せよ!

2月11日(日)JR大阪駅「春らんまんの高知旅」にて菊地美香・吉田友一がトークショー開催!

2024/01/31

2月11日(日)はJR大阪駅にて高知県と「デカレンジャー」のスペシャルプログラム「春らんまんの高知旅 in JR大阪駅 ~ヒーローの新休日~」にデカピンク/胡堂小梅役の菊地美香、デカブレイク/姶良鉄幹役の吉田友一が登壇し高知県に移住したことや、本作と高知県のことなどをお話します。

【日時】2月11日(日)  ①11:30~12:30  ②14:30~15:30 【場所】JR大阪駅 5F 時空の広場(ときのひろば) 詳細は下記 https://kochi-tabi.jp/makino-expo/related.html?id=18